お家で愛犬のシャンプー、こまめに洗って、愛犬の体を清潔に保ってあげましょう☆ お家でできる犬シャンプーついて解説しています。

● お家でできる 愛犬のシャンプー

愛犬はヨークシャーのようなロングヘアータイプ?
それとも、ミニチュアピンシャーみたいなショートヘアータイプですか?

ショートヘアーの犬種なら、是非お家シャンプーにトライしてみてください!

お家でできる犬シャンプーは、美容院やサロンに行く必要がないから、
汚れたな・・・と思ったら予約なしですぐにできるのが良い所☆

いぬにとっても、知らない人が体を触るよりは、飼い主さんに洗われるほうが
ストレスが少ないんですって。

ショートヘアーの犬さんなら、そんなに難しくないのですよ。

● 犬用シャンプー

最近は様々な種類が出ているのをご存じですか?

ダニよけの効果があるもの・・・、防臭効果のもの・・・、
皮膚が弱い犬さん向け低刺激のもの・・・、無添加素材を使用しているもの・・・などなど。

皮膚に特に問題がなければ、初めはどんなシャンプーを使ってみても良いと思います。
使っているうちに、「なんだかしっとりしてきた・・・?」「手触りが、ちょっと悪いなぁ・・・」など
悩みや使用感の違いがわかってくると思います。

又、皮膚炎や病気を抱えている場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるのも良いですね。
動物病院では愛犬の症状に合ったシャンプーを紹介してくれます。


我が家の愛犬たち、2匹とも同じミニピン、歳も近く、同じご飯を食べているのですが・・・
使っている犬用シャンプーは違います。
片方だけ、皮膚が若干弱いらしく、湿疹がでてしまうのです。

ミニピン特有の湿疹とのことで、動物病院でも特に問題ないといわれているのですが、
どうやらシャンプーが合わないというのも原因の1つみたい。
低刺激シャンプーに変えたら、症状が緩和されました

犬のシャンプーで気をつけなければいけない事・・・それは、やりすぎ!!
週に1〜2回が適度な回数で、いぬはこのくらいで充分なんです。
それ以上行うと、必要な脂分までとれてしまい、逆に体に悪影響を及ぼしてしまうケースもあります。

【いぬはにおいに敏感な生き物】
 大切な情報である匂いが完全になくなってしまうのも、いぬにとっては良くないです。

【最初が肝心!!】
 最初に怖い思いをした犬さんは、その後なかなか大人しく洗わせてくれないもの。
 最初が肝心です!!
 特に子犬期に嫌な思いをした場合、お風呂場付近に行くのも嫌!なんてことに・・・
 犬は、最初シャワーに驚きます。
 いきなり強い水圧がざぶざぶ飛んでくるんですから、そりゃあ怖いですよね。

【まずは怖がらせないこと】
 シャワーなどはすべて、顔から遠いところからかけ、慣れさせてあげる。
 その際、お湯の温度も気をつけてあげてください。
 熱すぎても冷たくてもダメ。手で温度を見て、適温にしてからかけてあげるようにしましょう。
 赤ちゃんをお風呂に入れるように、優しくしてあげてください。


又、彼らにとってシャンプーは一大イベント、とっても疲れる作業です。
終わった後は、なるべくゆっくり休める時間を作ってあげましょう。
室温にも気をつけて!!湿った体にクーラーが効いた部屋は、風邪をひく原因にもなります。

● 犬シャンプー 便利グッズ

犬は体が濡れてしまうと、大暴れをすることがしばしば・・・
これは、濡れてしまって不快な体を少しでも早く乾かしたいから。

ドライヤーなどを使ってしっかり乾かしてあげましょう。
それでも、ドライヤーなどを怖がってしまう犬さんはいます。

そんな時にお役立ちなのが、セームと呼ばれるタオル。
水泳用品などを扱っているスポーツ用品店で手に入るセームは、
水の吸収率がとてもよいもの。ペット用品としても販売されているのです。

これだと、タオルのように毛がからまってしまうことも少なく、便利ですよ。

シャンプー中

水遊びは大好きなのに、シャンプーはお好きでないらしい。
いつも、ちょっと不服そうな顔で洗われております。