インターネット通販?ペットショップ?ブリーダー?それぞれの利点情報をご紹介☆

● ペットショップで仔犬と出会う☆

ペットショップの良いところは、やっぱり子犬の実物をじっくり見てえらべるところ☆

ずっと一緒にくらすペットですから見た目の好みとか印象とかって大事ですよね。

顔やしぐさ、癖、臭い、衛生状態、遊び方、しつけ具合などなどいろいろチェックしましょう。

全部がそうじゃないけど、ペットショップにいる犬さんの良くない点をあげるとすると、
   ●長い間ゲージで飼育されているのでゲージ内での排泄が癖になっている。
   ●仔犬のころから他の犬との接触が極端に少ないと他の犬を怖がるようになる。
   ●ゲージ=生活スペースになってると家に馴染むのに時間がかかる。

これらの良くない点は飼主さんの努力でなんとでもなるものですから、必ずしもよくないってことではありません。根気よくしつけしていけばいいパートナーになれます。


わたしが一番気になったのは、衛生状態のこと。

ゲージ内の排泄物を掃除せずにいると、それを噛んだりくわえたり遊んだりしてる子を見ます。

体調にも良くないし、しつけでその癖はなかなか治してあげられないんです。

ですから、きちんときれいにしてあげてるペットショップさんで見ることをお勧めしますね。


また、飼い手が見つからずに大きくなった犬を安売りしてる場合がありますが、
必ず状態を確認してから購入するようにしましょう。決して同情なんかで選んではいけませんよ!

ペットショップと言ってもそこは人間がやってるところ。

つまり、販売員さんと購入前にゆっくり相談できて、購入後も色んなアドバイスをしてくれるペットショップさんを選ぶようにしてください。

● ブリーダーさんのところで仔犬と出会う☆

ブリーダーさんのところで仔犬と出会う良い点は、その子犬の親犬・兄弟犬までしっかり確認できるところです。つまり、その仔犬がどんな風に成長していくのか・・・が具体的にイメージできますし、どんなところで生まれたのかを知る事もできて安心です。

これだけは覚えておいてください、『ブリーダーとは特に資格がある職業ではない』ということ。

つまり、自分のところで一匹でも仔犬を産ませることができたら、その時点であなたはブリーダーと名乗ることができるわけです。

このうらはらな怖さをわかっていただけますでしょうか。。。


動物愛護管理法(通称)の一部が改正されて、ブリーダー業を営むためには、
必ず県や市町村への登録が必要になり、これが実質的なブリーダーの条件となるようです。

しかし、裏を返せば登録さえ通ってしまえば免許のような資格がなくてもできるんです。

だから、ブリーダー登録してますってだけでは普通の人には良し悪しが判別しにくいんですよ。


そこでわたしがおススメする良いブリーダーさんの見分け方は次のとおり☆

良い仔犬を育てるためには、その犬種の幅広い専門知識が必要になってきますよねぇ。
だから、動物看護師や犬のしつけも含む訓練士などの資格を持ってるブリーダーさんとか、
ブリーダーを養成する専門学校などの修業証明書のあるブリーダーさんとか、
あとは近所の評判が良いブリーダーさんがおススメ。

ブリーダーさんと言ってもそこは人間がやってるところ。

ペットショップと一緒で、購入前にゆっくり相談できて、購入後も色んなアドバイスをしてくれるブリーダーさんを選ぶようにしてください。

● インターネットのペット通販で仔犬と出会う☆

最近急増しているのが、インターネットによる仔犬の通信販売。

考え方はいろいろあるでしょうけど、私自身インターネットでの買い物に抵抗があるアナログタイプの人間で、さらに生き物のネットショッピングって・・・


インターネットの利点はブリーダーさんから生まれた仔犬をすぐに流通させることができるところ。

つまり、健康状態の良い仔犬や珍しい犬種の小犬を全国各地から簡単に探せるということだそうです。

問い合わせなども直接顔を合わせずともメールで簡単に出来るのも利点だそうです。

最近では、画像だけでなく動画でも簡単に仔犬を確認できるサイトが増えています。


モチロン、インターネット購入の際の注意事項同様、しっかりとそのペットショップやブリーダー、そして仔犬の確認をするのをお勧めします。