愛犬が年中鼻水が出る、いつも涙目、いつもかゆそう・・・アレルギーではありませんか?犬のアレルギーの対処法を紹介します。

● 犬のアレルギー

いつも体中をかく愛犬、とてもかゆそうな姿・・・。
年がら年中鼻水が出る、涙目・・・見ていてとってもかわいそうです。

それって体質というよりもアレルギーが原因だってことありますよ。


犬のアレルギーの原因は本当にさまざま。

人間同様、肉や卵・大豆など食べ物に反応して出てしまう場合もあれば、
カビやハウスダスト・花粉などに反応して出てしまう場合もあります。

アレルギーになりやすい犬種っていうのもあります。
フレンチブルドッグやパグ、ペギニーズやシーズー、パグ、ウェスティ、それにダックスフントもアレルギーにかかりやすい犬種と言われています。

犬のアレルギーは皮膚トラブルだけでなく、鼻炎や結膜炎などを引き起こす原因にもなります。

● 犬のアレルギーへの対処法

アレルギー症状としては発疹やはげ、炎症、ただれ、かゆみなど人間と一緒です。

アレルギーへの対処も人間と一緒で、まずは原因を究明することがなによりも先決です。

ですので、かかりつけの動物病院で早めに原因を発見し、原因を撲滅するようにしましょう。


【お部屋のお掃除をこまめにして、清潔に保ちましょう】
抜け毛やダニが原因となる犬のアレルギーを防ぐため、環境を清潔に保ってあげましょう。
可能であればお家でこまめにシャンプーしてあげることも効果的です。
ただし、人間のシャンプーと違って、犬のシャンプーは週1〜2回で充分なんですよ。
それ以上シャンプーすると、必要な身体の油をとりすぎてしまい、かえって体によくありません。
また、犬にとって大切な情報である匂いも消えてしまいます。

【食事の内容を考えてあげましょう】
アレルギーの原因が、食材だとわかったら、食事の内容を検討してみましょう。
いぬのアレルギーの原因となる食物の主なものは小麦・肉・とうもろこしなどですので、
それらを使っていないドッグフードやおやつを選んであげましょう。

【サプリメントを取り入れてみましょう】
アレルギー症状の緩和の働きをしてくれるサプリメントもあります。
いぬのアレルギー症状であるかゆみは、ストレスにもつながってさらに体調を悪くしかねません。
ですので、かゆみを抑える効果や抗炎症効果のある犬用サプリメントを取り入れてみてはどうでしょう。


日本に昔から生きている柴犬などよりも最近では珍しい外来犬種が増えたので、
日本の気候や風土がいぬの身体にまだ合っていないのかもしれませんね。。

● 犬のアレルギーを防ぐ

犬のアレルギーは子犬の頃の食生活が原因になってしまうことがあるそう・・・。

子犬の頃はどんな犬種でも免疫力も低いし、消化吸収能力も低いものです。

そんな時に抗原性の高い生肉を与えてひどい下痢を長らく起こしてしまった場合など、
大きくなってもそれらの食物がアレルゲンになることがあるそうです。

離乳食を替えたり与える際は、急がずゆっくりと切り替えていってあげましょう。


アレルゲンは動物病院での血縁検査ですぐにわかります。

「アレルギーかな・・・?」と思ったら、なるべく早く病院で原因を調べましょう。

なぜかゆがってるのかわからずにいるよりも、理由がわかれば対応も楽になります。

皮膚炎などがひどくなると治りも遅いですし、ただれて傷になってしまうこともありますので、
かかりつけの動物病院で早急な処置をしてあげてください。

● 我が家の愛犬もアレルギーでした

湿疹中のミニチュアピンシャー

我が家の愛犬も首の後ろから背中にかけてをいつもいつも、かゆかゆ、がりがり・・・。

かかりつけの動物病院で伺うと、ミニピン特有の湿疹のようなものだとか・・・。
かゆいのって、見ていてほんと、辛そうですよね・・・。

適切な処置のおかげで今はかゆみもなく元気☆元気☆


昔かゆくて机のかどで首の後ろから背中にかけてをこすってたのが癖になっているらしく、
たまに思い出したかのようにしようとするので、他のオモチャや用事で気を紛らわしてあげてます。