愛犬の息がいつもより荒い!?突然のケガや体調の異変への応急処置方法と日頃から気をつけたい 犬の日射病・熱射病の対処法を紹介します。

● 犬の日射病・熱射病

動物が日射病や熱射病にはかからないと思って油断してませんかぁ!!
犬は日射病にも熱射病にもかかるんです。しかもこれは夏だけの病気じゃないんですよ。

夏以外の5月頃でも、気温の高い日や地面が熱くなる頃の散歩には特に要注意。


ペットの日射病・熱射病は太陽からの直接の熱以外にも隠れた敵がいます。
それは・・・地面からの反射熱や地熱です。

人間よりもアスファルトの地面にかなり近いところを歩く犬にとって、この熱がとっても危険。

人間の体感温度よりも、いぬの地面から受ける温度は随分と高いので気をつけてあげてください。

普段あまり舌を出さないいぬさんがハアハアッと息を荒だてて、
舌が真っ赤になっているとそれは犬にとって充分暑いってサインです。

知っていて困る知識ではありません。

● いぬの日射病・熱射病とその対処法

犬の日射病は息がハアハアと荒くなり舌が真っ赤になって、体が熱くなっているような状態です。
ひどくなると意識が朦朧となり、立っていることができず体を横たえてしまいます。

又、日中の体温が夜になっても下がらず熱射病になる場合もあります。
夜になっても苦しそうにしている場合も、要注意です。


ちょっと様子を見てみて、ぜんぜん楽になっていないようなら対処してあげましょう。
すぐに水で冷やして身体の温度をさましてあげてください。

日射病にかかったら病院へ連れていくより、一刻も早く冷やすのがポイントになります。

体温を下げるには犬の足元から水につけてやるのが効果的。

クーラーなどの冷気ではすぐにカラダは冷えません。

散歩から帰ってきたら、足元に水をかけてやりましょう。
水をかけている間も、ずっと苦しそうなら要注意。
その場合は全身に水をかけ、いぬをクールダウンさせてあげましょう。

動物病院へ行くのは落ち着いてから。
水につけて呼吸が落ち着いたところで、今度は濡れタオルにくるんで動物病院へと運びます。


【いぬの日射病・熱射病に限らず、万が一のケガや病気の際に慌てないために・・・】
まずは一番近くにある動物病院の経路と診察時間をチェックしておくと安心です。
特に散歩中など、外出中に起こる怪我が多いですから、
お財布などに診察時間をチェックした紙を入れておくと良いですね。

● 犬の日射病・熱射病を防ぐためにできること

いぬの日射病・熱射病は飼い主さんによって防げる病気です。

飼い主さんがきちんと予防してあげましょう。
暑い季節には水を多めに与え、必ず日陰になる場所を作っておいてあげましょう。

お家の中で飼っている犬さんの場合もいぬの生活スペースに涼しい場所を作っておいてあげましょう。。


いぬは人間よりも地面に近い所にいるため、体感温度がかなり高めです。
夏のアスファルト近くの温度は50℃を超える場合もあるんです。
初夏や夕方、人間には涼しい時期でもいぬにとってはまだまだ地面が暑いときもあります。

又、夏は絶対に車の中にペットを置いたままにしないようにしましょう。
日射病・熱射病の他に脱水症状も引き起こしかねませんよ!

先にも書きましたが、いぬの日射病・熱射病は飼い主さんによって防げる病気です。
逆に言えば飼い主さんのうっかりや不注意でなる病気だとも考えられるんですよ。