楽しく犬と暮すためにも愛犬のしつけの基本を知ってしつけ上手になろう!いぬとの信頼関係を築くために出来る効果的な一貫した犬のしつけ方法。

● 犬のしつけって本当に必要なの?

我が家のいぬには自由に生きてほしい・・・たしかにそれは、とてもステキな考え方。

しかし大型犬、小型犬にかかわらず本来、犬は群れで暮らし、順位を付けて生活をする動物。

正しいしつけをせずに育てると、自分が家の中で一番偉い、リーダーだと認識してしまいます。

リーダー犬は群れを守る立場の為ストレスも大きく、長生きできないと言われています。
逆に、リーダーが他にいてリーダーに服従するのは全くストレスを感じないのだそうです。


又、散歩などの外出の際に言う事を聞いてくれないなどのトラブルの原因ともなります。

いぬ本人の為にも、必要最低限のしつけはしてあげると良いのではないでしょうか。

ただし、「しつけ」と「曲芸」は違うと飼い主が認識しておきましょう。

ここでは、しつけの基本、これだけは覚えさせてあげたいというものだけを表記します

● 「おすわり」・「お手」・「おかわり」がしつけの基本じゃないですよ。

犬のしつけと聞いてパッと思いつくのが、「お手」や「おすわり」などの基本的な動作。

他のいぬさんがしてるとかわいいし、簡単そうだなと思ってそこから始める飼い主さんもいますが、
「お手」や「おすわり」よりも前にちゃんとしたしつけが出来ていないとそれすらしてくれませんよ。

おやつ無しでも「お手」や「おすわり」、「おかわり」ができるペットは、
命令する人が自分よりも上の立場の生き物だときちんと認識してる証拠です。


つまり、「お手」などよりも前に飼い主と犬との主従関係や信頼関係を築く事が重要です。

それがあってこその芸(「おすわり」・「お手」・「おかわり」・「ふせ」)です。

もう一度書きますが、
「おすわり」・「お手」・「おかわり」がしつけの基本じゃないですよ。


犬もそうですが、人間側にもあてはまる「しつけ」の基本を知っておきましょう。

● お家でできるしつけのキホン

何よりも人と犬との信頼関係を意識してしつけるようにします。

ただ、犬には言葉も通じないし脳だって人間のよりずっと小さいことを忘れずに、
しつけがうまくいかないからといってすぐに放棄したり、
無理強いすることなく根気良くしつけてあげてください。


【名前を呼ばれた相手(人)の目を見るようにしつける】
愛犬の名前を呼んでいぬが相手の目を見るようならその人をリーダーとして認めています。
逆にいぬが吠えて呼んだ時に人がいぬの目を見るようではいぬがリーダーですから、
吠えたり呼んだりしている時は犬を無視するようにします。
名前を呼ばれると楽しい体験があるとしつけで覚えさせるのが必要なので、
名前を呼んでから叱る事はしないでください。

【食事の時間を守る】
犬の食事は人が食べ終わったあとで与えます。
いぬが催促するからしかたなくドッグフードやおやつを与えていてはいけません。
食事の時間を15分間と決めたら、食事が残っていても時間を過ぎたらすぐに片付けます。
そうしないと、あなたをただの食事係だと判断してしまいます。

【鼻に手をかける】
歯はいぬの武器ですから、この武器となる部分を触らせるのはリーダーに対してだけ。
仔犬のころは指で輪っかをつくると甘えて鼻を入れてきます。
薬を飲ませたり歯磨きをするにもこの部分を触ることになりますから、
普段のスキンシップで自由に触れるようにしておく必要があります。
散歩中も鼻に手をかけて方向をコントロールすると簡単に行きたい方に顔を向けさせることもできます。

【いぬをを仰向けにさせる】
犬にとって急所の多いお腹を見せる行為は相手に対する服従の意味があります。
最初は嫌がりますが胸からお腹にかけて優しくなでてあげて、
仰向けになるのが気持ちいいんだと教えます。
逆に仰向けに寝ている人の上に犬が乗ることは犬がリーダーだと思わせてしまいますのでご注意を。


どのしつけも一回やそこらで何とかなるようなモノではありません。
ずっと繰り返ししてあげるくらいの気持ちで根気よく接してあげてください。

いぬが何を基準にリーダーを判断するのかを知り、
飼い主をリーダーと認めてくれるようになりましょう。